結構むずいカラー【ブルー系】

投稿日: カテゴリー: all, ヘアカラー

アニ髪でちょくちょく作っている

 

ブルー系のカラー

 

綾波

藍ちゃん

ヨハネイビー

海未ちゃん

 

その他もろもろ作ってきましたが

 

実はこのカラーめちゃ難易度が高いです笑

 

ブルー系をお考えの方

是非とも最後までお読みください

 

アニ髪動画で見ると簡単そうに見えますが

 

まずブリーチは必須になります!!

 

 

どんなに抜けていてもブルーを入れる際は

必ずブリーチが必要になります。

 

加えて

 

一度もブリーチだけでは足りない可能性もあります

 

ブルーを入れるにあたって必要な明るさは

 

17level〜18level

 

大体このくらい

 

薄いレモンイエローくらいですね

 

まずここまでたどり着くまでに人によっては

二回ブリーチが必要な可能性もあります

 

ブリーチ推奨派の私ですが

一度に二回するのはちょいと怖いです笑

(でも必要であればやります笑)

 

 

これが第一段階

 

第二段階でカラーを塗るわけですが

 

青色のカラー剤は存在しますが

 

いくらブリーチでレモンイエローまで抜こうと

イエローはイエロー

 

黄色=緑っぽくなる

 

まあそれなりに強い青を使うのですが

以外と緑っぽくなってコケっぽい色になりやすいです

 

薄い青とかは特になるのでかなり難しいです

 

なので井上的には

 

黄色の反対色

 

 

をミックスしてカラーをします!

 

ただここでも難しいのは

紫を多めに入れるとマジの紫になります

 

元々紫のほうが染まりやすいので紫に傾きやすいです

 

その辺を上手くコントロールしてあげると

 

 

青になります。

 

 

何故こんな青って難しいぜ的なブログを書いたかというと

 

お客様と美容師の知識のギャップを少なくするため

 

お客様がカラーの知識がほぼないのは当然ですし

私も美容師でなければ知らなかったことは無限にあります。

 

でも

 

例えば

 

全く知識がない状態で

ブルーやりたくて美容室に行きます。

 

ホットペッパーでカットカラーで予約します

 

 

「髪色をブルー系で青っぽくしたいです!」

 

ここでおそらく言われるのは

 

ブリーチが必要になること

予算がかなりかかること

 

そしてこれは美容室によると思いますが

予約をかつかつでとるサロンは

カットカラーが

カットダブルカラーになる時点で

お店が回らなくなる可能性があるので

時間に余裕がない時は

断られる場合もあります。

 

ここでギャップが生まれます

 

 

お客様の気持ち


せっかくイメチェンしよう思ったのに

断られた

 

予算、プロセスがそんなにかかるとは思わなかった

 

Wカラーだと予約がまた別のメニューになる

なんて知らなかった

 

 

美容師の気持ち


お店的にもダブルカラーになると

お待たせしてしまう

 

かなり難しいカラー

それをお客様にきちんと伝えなければ

 

再現するためにはどいうプロセスでどれくらいの

料金になるのか説明しなきゃ

 

 

という感じで

 

結局お客様の不満になる確率がかなり高いです

 

でもきちんと説明したところで

予算も増えるし

ブリーチも必要

 

な予想外の状況になったら

 

これもまた不満になると思います

 

そうゆうギャップをなくすために

以外と知らないことや

この色にするにはこうゆうことするんだ

 

みたいなブログをこれからも書いていこう

と思いますので

 

宜しくお願い致します!!

 

 

 

 

 

友だち追加

 

 

コメントは停止中です。