入りやすい髪色と入りにくい髪色

投稿日: カテゴリー: all, ヘアカラー

ヘアカラーには入りやすい色と入りにくい色があります。

 

その話をする前に、何を持って入りにくいかということですが、

 

・ある程度髪が明るくなっていないと入らないような色

 

・難しいプロセスを踏まなければ再現できないような色

 

こちらの二つを元に書いていきたいと思います!

 

ざっくり言うと

暖色は入りやすい

 

寒色は入りにくい

 

です。

 

 

 

つまり温かみを感じる色

 

赤、オレンジ、黄色、ピンク

 

こちらが入りやすい色

 

冷たさを感じる色

 

アッシュ、マット、ヴァイオレット

 

これが入りにくい色になります。

 

 

ではなぜか??

 

こちらを説明します。

 

 

 

 

こちらのブログで髪の中に

 

メラニン色素、テラフォーマーズみたいなのがたくさんいるので

地毛が黒と説明しました。

 

そしてブリーチや明るくするものを髪に塗ると

 

かめはめ波を撃ってテラフォーマを減少させて明るくする

という説明をしましたが、、、、

 

実はかめはめ波を撃つことでテラフォーマーが減少するに加えて

 

テラフォーマが

黄色に変化します。

 

赤か黄色は人によって変わります。

まれに灰色ぽい方もいますが

 

日本人は大体元々持つ色素を明るくすると

赤茶か黄色っぽい茶色になります。

 

この二色って

 

暖色です。

 

元々持っている色素に近い色なので

 

ブリーチをしなくても、下手したら地毛が少し明るい色からでも

赤、ピンク、オレンジなどには簡単に染めることができます。

 

 

逆にアッシュ、マットなどの寒色は

元の色素が邪魔になるので、ある程度明るい状態か

ブリーチをすることによって初めて色味を感じることができます。

 

レイちゃんの色レベルになるとめちゃめちゃ難しいです笑

 

逆にアスカはすんなり入ると思います!

 

 

美容室に行けば基本的のどんなカラーもできますが、

ブリーチが必要だったり、今の状態では難しいと言われることも

あるかと思います。

 

でもしっかりやりたい色を担当の方に説明してしっかり

としたプロセスを踏めば理想の色にできますので

しっかりとやりたいイメージを伝えましょう!

ご予約や髪のことでの相談もLINEから承りますので気軽にご連絡ください!



コメントは停止中です。