allヘアカラー

市販のカラー剤ってどうなの?

 

よくお客様から聞かれる質問

 

「市販のカラー剤ってダメなんですか??」

 

おそらく誰しも一度は考えたことがあるかと思います、

 

美容院で染めるのって高いなーー 市販でよくね??

 

でも結局市販のカラー剤って痛むの?

 

美容室で染めた方がいいの??

 

色々思う方も多いかと思いますので、これは私なりにですが成分や経験に基づいて書いていきたいと思います!

 

まず一番の疑問

 

市販の方が痛むのか

 

これは成分的にも経験的にも

 

痛みません

 

市販もサロンでのカラーも同じダメージレベルだと思います。あくまで薬の内容では同じですが

市販の場合基本は自分でやるので毛先まで同じ薬で全て塗ることになります。

 

 

 

カラー初めてする髪以外はこのように根元は新しい髪、毛先は染まった髪になっています。

 

美容室でカラーする場合

 

根元は標準な威力のカラー剤

毛先は低威力のカラー剤

 

と塗り分けをするのでダメージがかなり抑えられます。

 

なので成分内容的にはどちらもほぼ痛みは同じくらいです!

 

では市販とサロンカラーは結局何が違うのか、これは私が思うに

 

発色

 

色の発色の仕方は市販とサロンカラーでは決定的に違います。

 

市販のカラー剤には配合されている主成分の一つにモノエタノールアミン

というものがあります。

どういった成分かと言いますと

 

 

暴走モード突入を抑えます笑

 

 

暴走モードと例えると荒々しいのですが、要するに使用するのは一般の方がメインに

なるので、どんな方が使ってもとんでもない色にならないように

 

つまり

 

絶対無難な色になる

 

ように設定されています。

 

一概に全ての市販カラー剤がそうとは言えませんが、

 

ミルクティーアッシュやピンクベージュって書いてある市販カラー

を使ったけど

 

あれ?これ茶色じゃね??

 

ってなった方も多いかと思います。

 

では逆にサロンカラーでは

 

ある程度のカラー知識のある美容師が選定、調合を前提としているので

色味が濃い薬、薄い薬 明るさが明るい、暗いなどを調合して作るので

 

求めたカラーが再現しやすい

 

 

これが美容室で染める最大のメリットだと思います!!

 

 

まとめると

 

初めてのカラーや、色味を問わずに明るくした場合は

安価でもあるので市販でも全然OKだと思います!

 

希望の色味がある場合やダメージさせたくない場合

は迷わずに美容室に行って染めてもらいましょう!!

 

ご予約や髪のことでの相談もLINEから承りますので気軽にご連絡ください!

 

 

コメントは受け付けていません。